とことんハムスター飼育情報
性  格
Google
 人間にも色々な性格や個性の方がおられるように、ハムスターの性格や個性も色々です。ハムスターを何匹も飼育していると、同じ種類でもみんな性格や個性が違うことに気がつきます。種類が違うハムスターなら性格や個性はなおさら違ってきます。同じ性格や個性を見つけるとしたら、野生では肉食の獣や鳥に常に狙われていたとても弱い小動物なので、臆病な所と警戒心が強いということになるでしょう。
 このページでは、日本でペットとして飼育されているハムスターの種類の違いによる性格と、同じ種類での性格(個性)の違いを分けて記載しました。今まで飼育した同じ種類のハムスター達(ジャンガリアンハムスターが多い。)を思い浮かべると、いろいろな性格の子がいました。のんびりで何事にも動じないタイプ、気が強いタイプ、臆病で神経質で怖がるタイプ、何をするにもこつこつまじめにするタイプです。大きく4つの性格に分かれているように感じます。いろいろな性格の子がいますので、性格に合わせて世話をしてあげるということも大切です。 同じ種類での4つの性格と、種類による性格を下記に記載しましたので、是非、読んでみて下さい。                                                                                     
同じ種類では、大きく4つの性格(個性)に分けられる?
タイプ 性格の特徴(ジャンガリアンハムスターでコメントしてます。)
のんびりタイプ 一言で言ったらマイペース。呼んでも面倒なときは近寄ってこない。太目の子が多い。性格がおっとりしている。凶暴ではない。見ているだけで飼主の心を和ませてくれる。飼主に良く馴れる。寝ている時間が他のタイプより多い。体を触られてもあまり嫌がらない。何事にも動じない。無防備(あおむけ)な格好で寝る。よく後ろに転がる。多頭飼いできることもある。見た目がとろんとしている。食べることがとても好き。毛がぼさぼさな時もある。寒い冬などに、巣の中でオシッコする時もある。悪い事をしても憎めない。よく汚す。体が大きい。などです。

つよきなタイプ 他のタイプより、縄張り意識が強い。(ケージに手を入れると飛びついてくることがあるが、外に出すと以外と良い子になる。)多頭飼い難しい。威圧感を感じます。大切に世話を続けると信頼して馴れてくれることも多い。堂々としている。顔つきがきりっとしている。生意気なところもある。体がしっかりしている子が多い。月日が経つにつれ性格が丸くなってきます。などです。

まじめなタイプ 巣作りにしろ、毛づくろいにしろ、回し車を回すにしろ、とにかく一生懸命に行動しているように見える。のんびりタイプの次に、人間に馴れやすいタイプ。いつも毛はぴかぴか。オシッコは決まったところにする。物覚えが良い。呼ぶと巣箱で寝ていても起きて出て来てくれる。賢い。いろんなところにエサを蓄えていて、掃除のときびっくりすることも。均整のとれた体の子が多い。などです。

こわがりタイプ 臆病で神経質なので、他のタイプより馴れずらい。体が小さめの子が多い。手の平に乗せてもそわそわしている。よそよそしい所がある。驚くようなことはしないようにして、大切に面倒をみていると、時間はかかりますが馴れてきます。日中は巣箱の中に居ることが多い。静かな夜は別人(別ハム?)で生き生き活動しています。などです。

ハムスターの飼育用品 → エサ ケージ トイレタリー ウォーターボトル 食器 かじり木 ホイール その他A その他B
種類の性格
ゴールデンハムスター 人によく馴れ飼いやすく、表情やしぐさが豊か。たまに凶暴な子もいる。おっとりした性格。動きものんびり。(オスは人に馴れやすく、おとなしい。メスはおとなしいが、オスに比べると気が強い。)
ジャンガリアンハムスター 全体的に穏和でおっとりした性格で人間に馴れやすいが、固体差があります。臆病で神経質なタイプは、なかなか人に馴れません。あせらず気長に飼育しましょう。信頼されれば良い関係になってゆきます。基本的にメスもおとなしいですが、まれに神経質で気が強い子もいます。、気に入らないオスだと攻撃する場合があります。オスはおっとりしていて穏和です。他の種類より、ものごとに動じにくい。優しい性格の子が多いようです。
キャンベルハムスター ちょっぴり気の強いハムスターで、縄張り意識が強く、咬み癖のある子もいる。オスは気が強くて活発。メスはかなり気が荒いです。性格にもよりますがキャンベルハムスターもなかなか馴れない子が多いようです。人の指を見るとすぐに咬むという気の荒い子もいます。根強い人気があり、小さい頃から大切に育てると、ジャンガリアンハムスターより馴れる子もいるそうです。
ロボロフスキーハムスター とても臆病で神経質で怖がりなので警戒心が強く、人間には馴れない場合がほとんどです。攻撃的ではないので飼育上、かまれる心配はほとんどありません。オスは臆病で神経質。メスは気難しい。すばしっこい。行動だけ見ると、ハムスターというイメージよりネズミといった感じです。我が家のロボロフスキーハムスターは、すぐ物の影に隠れて、こちらの様子をうかがってます。
チャイニーズハムスター 穏やかでおとなしい性格をしています。飼主によく馴れます。おそらくハムスターの種類の中で一番馴れやすいかもしれません。オスは穏やかで人なつっこく、メスはおとなしいが、オスに比べ気が強いです。動きはとてもすばしっこく、捕まえるのが大変な時も有ります。見た目はネズミで、性格はハムスターといった感じです。
クロハラハムスター 気の荒い固体も多いのですが、小型のものでは大人しい個体もいるようです。野生では単独生活者で、他の個体には攻撃的で、縄張りを持って暮らしています。性格は臆病で咬むこともあります。オスは臆病で人間に馴れにくい。メスはまだ野生が残っているといった感じです。
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー