管理人のプチ・アドバイス
Google
多頭飼いはしないことをお勧めします
 ハムスターの飼育用の本を読んでみて、種類によって1つの住み家(ケージなど)に何匹かいっしょに飼育することが可能と書いていたので、初めてハムスターを飼い始めてすぐ、1つのケージでいっしょに飼育できるのならともう1匹飼育したくなり、ペットショップへ早速行き店員さんへ質問、「ジャンガリアンハムスターを1匹飼っているのですが、1つのケージでもう1匹いっしょに飼うこと出来ますか?」の問いに、あっさり「OK」と言われ、すっかり安心してオスのハムスターを1匹購入しました。家に帰りケージにいっしょに入れてみると心配していたケンカもなくそのまま2週間ほどしたある日、ケージから「キイ・キイ・キイ」と大きな泣き声、驚いて中を覗くと2匹は大ケンカ中、管理人とことんは慌てて2匹を引き離そうと手を入れたとたん勘違いされ1匹にかなり強くかまれ出血したことがあります。ハムスター達はというと、1匹は耳をかまれ穴があき出血。もう一匹は体をかまれ出血。その後、2匹はいっしょにするとケンカをするようになり別々のケージで飼育するしか方法がなく、考えてもみなかった飼育用品一式を購入することになってしまいました。よく考えると縄張りがある動物なので、オス同士なら大人になったらケンカして当たり前。本や店員さんどうして「OK」なの?とちょっとブルーな気持ちになったのを今でも覚えています。 
 管理人とことんは、多頭飼いをあえてお勧めしません。自分が飼育している可愛いハムスターどうしがケンカして傷だらけになるのが耐えられないのと、オスとメスなら妊娠して出産し赤ちゃんが一度にたくさん生まれる可能性があります。自分のペットの赤ちゃんは確かに見てみたいですが、一度にたくさん生まれてきたハムスターを全部公平に愛情を持って飼育できるでしょうか?知人に可愛がって飼育してくれる方が何人もいるならよいのですが、まず見込めません。計画的な繁殖なら賛成ですが無責任な繁殖につながる可能性がある多頭飼いには賛成できません。生まれてくるハムスターが可愛そうです。
無責任な繁殖はしない。かわいそう
 「多頭飼いはしないことをお勧めします。」でも少し取り上げましたが、無責任な繁殖はしないようにしましょう。ハムスターは1度の出産で多くの赤ちゃんが誕生します。飼主にとっては自分の可愛がっているハムスターの赤ちゃんを見てみたいと思う方も多いことでしょう。誕生するハムスターが幸せに生きていける準備(里親など)ができてから、オスとメスを結婚させましょう。
 近所の奥さんに聞いた話ですが、「○○さんのとこのハムスター、同じケージにオスもメスもいっしょに飼育して20匹くらいに増えちゃったそうよ。それでも1つのケージに入れてるものだからケンカが絶えず、ケージの中は血だらけなんだそうよ!」と世間話を聞きき、思わずその光景を頭に思い浮かべてしまった管理人とことんは、とても悲しい気持ちになりました。その話をしてくれた奥さんに、どうしてそんな事態になったか尋ねると、子供さんがハムスターを欲しがり飼育したものの全く面倒をみなくなり、飼育経験の無い母親が飼育することになり、いくつも飼育ケージがあると掃除が大変なので1つのケージですべてすましてしまおうと、オスとメスを一緒のケージで飼育したため増えてしまったそうです。その後そのハムスターたちがどうなったか私には知る余地もありません。同じハムスターを飼育している立場としてとても残念なことです。最後まで愛情を持って飼育する決意がなければ飼育しない方がよいです。お子さんが飼育放棄したときは、買い与えた親が責任を取り最後まで愛情を持って飼育してあげましょう。大変だと思いますが宜しくお願いします。お子さんが他の動物を欲しがっても2度と買い与えないことです。飼育放棄された生き物が可愛そうです。
ハムスターの飼育用品とグッズ→ エサ ケージ トイレタリー ウォーターボトル 食器 かじり木 ホイール その他A その他B
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー