ハムスターを飼育する前に
ハムスターを飼うデメリット
Google
ハムスターを飼育して大変だったことや困ったことなどをあげてみました。
  • 寿命が短い。可愛がって飼育するほど亡くなったとき立ち直れません。
  • 寿命が短いため老いていくスピードが早くなんともいえない気持ちになります。
  • 病気になって病院に連れて行っても直らないことも沢山あります。
  • いくら注意してもゲージに足をはさんだりしてケガをしてしまうことがあります。
  • 動物病院なので当然保険が利きません。動物保険に入っていれば別です。
  • 飼育するうえでエサ代や飼育用品などにお金がかかります。
  • 一日の世話や住み家の大掃除など自分の時間が減ります。
  • 夏場長い時間家を空けるとき、そのまま出かけると家の温度が上がり熱中症で死んでしまいます。
  • 個性によって咬むハムスターがいます。種類によって咬むハムスターも当然います。
  • 咬むハムスターの中には、咬む加減が解らなくてじゃれているだけのハムスターもいます。怒らないで!
  • 夜行性のため、飼主が寝ている時が行動時間です。飼主が寝不足になることも有ります。
  • けっこう爪が伸びます。馴れたハムスターでもじっとしていないので爪を切るのが大変です。
  • 歯も伸びます。爪を切るより大変です。住み家に木片や小枝、硬い実などを入れましょう。
  • 脱走します。夜中寝ている時、頭の周りで遊んでました。びっくりして飛び起きたことが有ります。
  • 縄張り意識が強く最初いっしょに飼えてもケンカするようになることが多いです。多頭飼いはできないことも多いです。
  • 生き物です。多少匂いがします。こまめに掃除することが大切です。
  • ゲージなど住み家がけっこう場所を取ります。何匹も飼育すると大変です。
  • 旅行の時など困ります。近所に預かってくれる方を探しておきましょう。
  • プラスチックでできている飼育用品、以外とすぐ壊れる。メーカーさんもっと良いものを作ってください。
  • その他(飼育されている方によって、もっと大変ということがあると思います。)
 


ハムスターを飼育して大変なことや困ったことは沢山有ります。それを差し引いてもハムスターを飼育する価値は十分過ぎるほどあります。このページでは大変だったことや困ったことを取り上げましたが、他のページで「ハムスターを飼うメリット」のページを設けて有ります。このページを読まれた方、是非、「ハムスターを飼うメリット」を読まれることをお勧めします。
ハムスターの飼育用品  → エサ ケージ トイレタリー ウォーターボトル 食器 かじり木 ホイール その他A その他B
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー